開業準備にかかった経費について

2017年8月17日

開業にむけて準備をしているとさまざまな経費がかかってきます。
このように開業準備のために特別に支出した費用を「開業費」と言います。

具体的なものとしては、下記のとおりです。


・広告宣伝費…従業員募集チラシ、開業案内チラシの配布にかかる費用など
・交際費…業者との打ち合わせ、他先生方との打ち合わせにかかる費用など
・旅費交通費…研修などに参加するための電車、バスなどの公共交通機関の料金や高速代、
・通信運搬具…切手、封筒、宅急便など
・事務用消耗品費…事務に使うための筆記用具など
・消耗備品費…医院に置くための備品、雑貨など
・その他の経費…物件選びなどのコンサル料金など

これらの経費を集計したものが「開業費」です。
「開業費」は、60か月の均等償却または任意償却のいずれかの方法で必要経費とするこができるため、開業初年度に全額経費とすることもできますし、2年目以降の任意の時期に経費とすることができます。その点から考えますと、開業後クリニックの経営が軌道に乗り利益が多く計上される年までは「開業費」を経費とせずにとっておき、利益が多く計上された年に「開業費」を経費とすることで節税を図ることも可能です。

ただし「開業費」として認められるためには、支出した先ごとに支払先、目的などを明記し、支出の証拠となる領収証を保存いなければなりませんのでご注意ください。
弊社では、これらの書類を整理するためのツールとして『開業日記帳』をご準備しておりますので、お気軽にお問合せいただければと思います。

伊藤司

税理士法人名南経営 会計部 リーダー

2001年税理士法人名南経営に入社。
医療機関を中心に、個人事業主・医療法人を問わず会計・税務顧問業務に従事。2007年より開業を検討しているドクターの開業支援業務を携わり、事業計画の策定・銀行等の融資交渉・従業員の採用活動等、新規開業に伴う業務を包括的に支援し、多くのクリニック開業を成功に導いている。『失敗しない開業』をモットーとし、開業を考えるドクターの不安を少しでも解消できるように日々情報収集、関係企業の人脈構築に精進している。